創るたのしみを応援

遊星ギヤボックスとスパーギヤボックスの特徴

特徴比較の詳細

機械的特徴

重量

遊星ギヤボックス
  • ギヤなど機構が多く重くなりやすい
スパーギヤボックス
  • 構造が単純で軽量

サイズ

遊星ギヤボックス
  • 小型化が難しい
  • 減速比が高くても、少ない段数で減速できる
スパーギヤボックス
  • 減速比や耐荷重に比例して大型化しやすい

伝達効率

遊星ギヤボックス
  • 比較的悪い
  • ギヤの段数が増えると伝達効率が低くなる
スパーギヤボックス
  • 理論的に効率が良い

耐久性

遊星ギヤボックス
  • 複数の遊星ギヤで負荷分散され、歯の欠けや摩耗が少なく、ギヤの耐久性が高い
  • 構造上強度を確保しやすく、耐荷重が高い
  • 固定部(内歯車)や遊星キャリアの強度を確保しやすく、衝撃荷重に強い
スパーギヤボックス
  • スパーギヤの組み合わさる歯に全てのトルクがかかるため、歯が欠けやすい
  • 減速比が高くなると、伝達トルクが大きくなり、歯の負荷が大きくなる
  • 減速比を高くしても、耐荷重を大きくしずらい

ギヤの精度

遊星ギヤボックス
  • 構造上高い精度が求められる
スパーギヤボックス
  • 一般的な精度で伝達できる

設計上特徴

減速比設計

遊星ギヤボックス
  • ギヤ比設計が難しい
スパーギヤボックス
  • 歯数の比で決まるため設計しやすい

高減速比

遊星ギヤボックス
  • 1段での減速比を高くできる
  • 耐久性が高く多段化しやすい
  • 多段化すると効率が低下する
スパーギヤボックス
  • 減速比を大きくすると歯数が多くなり大型化する
  • 多段化するとギヤ固定部の強度が課題になりやすい(滑りが発生しやすくなる)

出力軸の位置

遊星ギヤボックス
  • 入力軸と出力軸が同軸上になる
スパーギヤボックス
  • 入力軸と出力軸の位置関係を自由に設計できる
  • 入出力軸の位置関係をずらすと、別方向の力が発生するので注意が必要

使用上の特徴

メンテナンス性

遊星ギヤボックス
  • 部品点数が多くメンテナンス性が低い
スパーギヤボックス
  • 機構が単純でメンテナンス性が高い

ギヤボックスの固定

遊星ギヤボックス
  • 内歯車がシャーシに固定されていると、モーメントや振動などに注意が必要な場合がある
スパーギヤボックス
  • 入力と出力のトルクに注意して固定
  • 入出力軸が同軸上にない場合は、別方向に力が発生するため注意が必要

バックトルク

遊星ギヤボックス
  • 入力から出力の伝達方向が設計上決められているギヤボックスが多い
  • 多段ではバックトルクの伝達効率が低くなる
スパーギヤボックス
  • 入力・出力の区別なく使用できるギヤボックスがあり、伝達効率も変わらないギヤボックスが多い

経済的特徴

価格

遊星ギヤボックス
  • 比較的高い
  • 耐久性が高いため、長期使用や高負荷、信頼性が求められる環境ではスパーギヤボックスより総合的に安くなる
スパーギヤボックス
  • 安価
SNSでフォローする