創るたのしみを応援

Pololu RCスイッチシリーズ

RC信号のしきい値の設定

学習方法

基板表面の学習モード用ジャンパをタップ(接続してから切断)することでモードを変更できます。ショートピンや金属クリップなどでタップしてください。

ボードごとに学習モード用ジャンパーの位置が異なります。

タップ回数モード
1(電源起動時)学習モードへ移行
2デフォルト値変更
3しきい値保存
4反転設定

学習手順

  1. 学習モードへの移行
    • 電源を切り、学習モード用ジャンパーを接続した状態で、電源を入れます。
    • 電源が入ったら、学習モード用ジャンパーを外します。 (1タップ目)
    • この時点で、表示LEDが1秒の周期で点滅します。これでデバイスは学習モードになり、電源を切るまで学習モードで待機します。
    • 学習モード中は、出力は反映されません。
    • この時点で電源を切れば、学習モードを中止し、設定は変更されません。
  2. 設定値をデフォルト値へ変更
    • 学習モード用ジャンパを1回タップします。(2タップ目)
    • すべての設定がデフォルト値に戻ります。しきい値を1696µsとして、反転設定は無効になります。
    • この時表示LEDはゆっくり点灯と点滅、を繰り返します。
    • この時点で電源を切れば、デフォルト設定を保存して学習モードを終了します。
  3. RC信号の測定と学習
    • この時点で、RC信号を測定する学習モードになっています。
    • デフォルトのしきい値を使用したい場合は、RC信号を入力しないでください。RC信号が認識されていないことを、0.5秒周期の点滅と50%のデューティサイクル(暗い表示)で示します。
    • カスタムしきい値を使用したい場合は、RC信号を入力します。
      • RC信号を認識すると、LEDを2秒周期の特別なパターンで表示します。
      • 学習モード中に入力された、最小幅と最大幅のパルス幅を計算し、その中間点(平均)をしきい値として設定します。
    • 誤ったパルスを送信した場合は、デバイスの電源を切って最初からやり直してください。
  4. しきい値の保存
    • しきい値を保存するには、学習モード用ジャンパをもう1度タップします。(3タップ目)
    • 設定したしきい値が許容範囲外となる900〜2100 μsのときはエラーとなり、LEDを1秒に8回の高速点滅させます。エラーが発生すると、しきい値は保存されず、電源を切り再度やり直す必要があります。
    • 設定したしきい値が許容範囲内であれば、しきい値は保存され、LEDは1秒周期でフェードインします。
  5. 反転出力の選択
    • 反転出力を有効にするかどうかを選択できます。
    • 反転機能を有効しないときは、ここでデバイスの電源を切り学習モードを終了します。
    • 反転を有効にしたいときは、学習モード用ジャンパをもう1度タップします。(4タップ目)
    • 反転出力を有効にすると、LEDは1秒周期でフェードアウトします。
  6. 学習モードの終了
    • 学習モードを終了するには、デバイスの電源を切ります。
    • 学習モードのジャンパー接続は、切断している必要があります。
タップ回数モード
1(電源起動時)学習モードへ移行
2デフォルト値変更
3しきい値保存
4反転動作設定

  1. Pololu RCスイッチシリーズ概要
  2. RCスイッチ デジタル出力
  3. RCスイッチ 小型ローサイドMOSFET
  4. RCスイッチ 中型ローサイドMOSFET
  5. RCスイッチ リレー
  6. 4ch-RCサーボ マルチプレクサ
  7. セーフスタートモード
  8. RC信号のしきい値学習の設定
SNSでフォローする